中学受験国語の学習法

2016年度の麻布中学の合格体験記などにも書かれていますが、国語はセンス、そんな風に思っていないでしょうか。確かに国語には読解する勘も必要ですが、その勘は日本語としての国語を磨いて身につけられる、というとはあまり認識されていません。勉強してもどうせ駄目だと思うより、勉強すれば学力が上がると思えたほうが、勉強は着実に身になります。はじめからあきらめているようでは、学習意欲すら減退してしまうのです。

確実に抑えておきたいポイント

中学受験合格を目指して勉強するというやる気を損なわないためにも、国語の文章を読解するセンスは学習過程で身につけられる、という成果を得ることがまず肝心です。最初の一歩としては、問題の答えがどこにあるかを見つけるコツをマスターすべきでしょう。読解力は、何のヒントもなく文章を前に唸っていても、咄嗟にひらめくものではありません。むしろ、解答を探す鍵がどこにあるケースが多いかを知っておくことが役立ちます。

このサイトでは、中学受験のための国語の学習法で確実に抑えておきたいポイントについて紹介しています。得意な人と不得意な人で合否がハッキリ分かれるなどというのは、どの科目でも共通です。不得意を得意にする、得意をさらに伸ばすのが、学習に大事なことでしょう。国語も、他の科目と同じように、学力を上げる秘策があるのです。