中学受験国語のセンス

国語が得意、あるいは国語が苦手という特徴は、センスとして現れてきます。センスとは感性という意味で、中学受験の国語に限らず、国語力が優れた人は感性が鋭い傾向があります。受験で成功する受験生の傾向としていえるのは、精神年齢が高いということです。漢字の読み書きなどは別として、読解力を求める問題では、差し出された情報の中から何かを判断する必要が出てきます。そのため、子供のような素朴で純粋な思考能力だけでは太刀打ちできないことがあるのです。

中学受験するのはまだ小学生の子供ですが、精神年齢が比較的高い受験生は、入試でも国語の点数が高いといいます。成長した環境や性格にもよるかもしれませんが、多くは幼い頃から国語の文章を読んできたかにかかっているでしょう。読書好きな子供は、国語も好きな傾向にあります。そこで、国語のセンスを鍛えるには、読書をおすすめしたいのです。

国語のセンスを身につけるために読む本は、教科書でも構いません。問題集に掲載された国語文を、片っ端から読んでみるのもいいでしょう。繰り返し、音読するのも効果的です。何度も読むうちに、なぜこの文章にはこんなことが書かれているのかなどの疑問が湧いてきて、考えることが力になってきます。