中学受験国語の文法

英語の文法の勉強ならイメージしやすくても、日本語の文法というと急にとまどってしまう人がいます。当然のように毎日使い、会話も通用しているはずの日本語が間違っているわけはないと誰もが思っているためです。しかし、中学受験では、当たり前に思っていた言葉遣いや文章の組み立てが間違いだということがあります。国語の受験勉強をするにあたっては、これまで使ってきた普段の言葉を見直すチャンスだと思ってください。

中学受験の国語問題で出題される文法としては、敬語や品詞、類義語なども侮ってはなりません。特に近年の受験生に多い弱点として、敬語が挙げられます。敬語がわからないというよりは、間違った敬語の理解をしている受験生が多いのです。正しい敬語を覚えておけば、将来的にも役立ちます。国語は日常的に使われている日本語ですから、受験勉強でも将来役立たないことなど何一つありません。

品詞については、読解問題に含めて出題されることが多くなっています。暗記のみでは対応できず、長文問題に含めて品詞問題が出されている問題集を探してみたほうがいいでしょう。逆に敬語は暗記でも対応できますから、バランスよく受験に備えて勉強できるでしょう。