中学受験国語の偏差値

偏差値というのは、成績が上がるに従って上昇してくるものです。つまり、頑張って成績を上げれば偏差値も上がってくるため、自信につながるでしょう。それが志望校を決める目安にもなり、どのくらいの学力を持っているかを判断する目安にもなります。もちろん、偏差値が必ずしも合否を分けるとは限りません。自分の偏差値以上の学校を受験して、合格する受験生もいます。ただ、偏差値は勉強している受験生自身が勉強を頑張って伸びているのかどうか知るために役立ち、励みになることは確かです。

偏差値が高いか低いかは、学習する内容には影響しないともいえます。しかし、やる気には大いに関係するはずです。勉強というのは、頑張っても頑張っても成果が出ないと、やる気すらなくしてしまうものです。逆に、少しずつでも成果が出てくれば、大きなやる気につながります。だからこそ、低い偏差値だった受験生が頑張って偏差値を上げたことでやる気を出し、難関校に合格するような奇跡も起きるわけです。実際に頑張っているのですから実は奇跡ではなく当然の成果なのですが、全く勉強する気がなかった受験生がなぜやる気になれたのか、一気に学力が上がったのかは周囲に驚かれるものです。意欲を出すためにも、少しずつの達成感を得ることを大切にしましょう。