中学受験国語の説明文

国語の試験で出題される長文には、必ずといっていいほど説明文が含まれます。1題は物語文、もう1題は説明文という具合です。説明文は、中学受験を目指す小学生にとっても易しいものではないでしょう。物語文に比べれば、論理的に考えるということ自体が難しく感じるものです。

とはいえ、長文問題をないがしろにするわけにはいきません。配点も大きい問題ですから、説明文にも力を入れる必要があります。実は、説明文は物語文よりも形式的に書かれている文章です。そのため、コツさえつかめば、解答するのにそれほど苦労せずに済みます。長文どちらか1題では大きく得点したいという場合、説明文のほうが得点しやすいと思う人もいるはずです。

物語文と違う点は、あいまいな感覚的な読解力は通用しないということです。そのため、対策としては説明文をより多く読んでおくことをおすすめします。日常会話などでは登場しない言葉の使い回し、思考法を学ぶには、説明文から勉強するほかないのです。慣れるとどんどん正解率が高まってくるのが説明文のいいところでもありますから、国語への意欲を高めるにも最適です。国語全体の向上を目指すためにも、積極的な説明文の勉強をしてみませんか。