中学受験国語の超長文

難関校ともなると、中学受験でも国語の長文問題で5,000文字以上の文章が出題されることが珍しくなくなりました。中には、10,000文字を超える長文を出す学校もあるほどで、もはや中学受験の域を超えているのではないかという意見もあるでしょう。一般的には、2題ないし3題で7,000文字から10,000文字の長文が出されることが多いことを思うと、1題で5,000文字、あるいは10,000文字というのは見ただけで目を回しそうです。

しかし、超長文にひるんでいる暇は、受験生にはありません。志望校に合格するためには問題を解かなければならず、問題を解くためには長文を読みこなす必要があるのです。そこで対策が必要になるわけですが、超長文に対応する力をつけるには、やはり超長文を普段から読み慣れておく必要があります。当然のことながら時間がかかると予測できますが、時間を無駄にかけないようにするためには速読力を鍛えることが大切です。

速読は、文章を速く読みながら意味も正確につかむ読み方です。マスターするのはそれほど難しくないため、練習してみてください。目で文字を素早く追い、集中して意味を読み取ろうとするのが速読の秘訣です。