中学受験国語と志望校

国語の勉強は、中学受験する志望校に合わせてするというよりは、多くの学校に合わせてする受験生が多いのではないでしょうか。しかし、難関校ほど志望校に合わせた国語対策が必要になってきます。というのも、難関校では超長文の読解問題など特徴的な難問が出題される傾向がるためです。他の中学では出題されない問題が出される学校を志望しているなら、特別な力もつけておくことが大切です。そのため、志望校は早くに絞っておくことが必要で、学習計画も慎重に練らなければならないでしょう。

志望校と難易度が同じレベルの学校を目指せば、勉強もしやすいのではないかと思うかもしれません。ところが、国語の場合は学校ごとに似た問題を探すのは難しいといいます。あきらめずに探すことに費やす時間があるなら、勉強に使いたいのは当然です。参考にするのであれば、中学受験で頻出している出典一覧を活用するといいでしょう。

中には、大人でも心情を理解しかねるような複雑な背景を持った人物が登場する超長文を出題する学校もあります。難関校を目指すなら難関校向けの問題を解く必要があるのは、このような例もあるためです。じっくり取り組んで、志望校に沿った読解力をつけましょう。