中学受験国語の対策

中学受験における国語の対策は、算数以上に立てにくいといわれます。むしろ算数のほうが予定を立てて勉強を進めやすく、国語が足かせになってしまいかねません。中学受験に成功した先輩達は、どのように国語を勉強したのでしょうか。その答えは、バランスよく学習することといえるかもしれません。

国語の入試問題では、長文問題が2題ほど、あるいは超長文問題が1題、そして漢字や品詞などの文法問題が小問として組み合わされています。長文問題と小問が別々に出題されているとも限らず、学校ごとに出題数も量も出題方法も工夫されています。もちろん難易度は各校で差があり、志望校に合わせて対策をするのは必須です。ただ、国語の対策が難しいといわれるのは、他に問題があります。それは、国語の勉強自体がしにくいという受験生が多いことです。

国語の問題は、パターンを覚えたり応用力で解答できる内容ではありません。漢字や敬語のように暗記でカバーできる問題もありますが、大きな得点が配されているのは長文です。そこで長文に力を入れたいと思っても、一文一文が似ていると明確に言える文章は少なく、暗記するわけにもいかないため、自分の感覚が試されるような気になってくるのです。しかし実際には文章中に解答のヒントは隠されており、学習でも解法のパターンを掴むことはできるのを忘れないでおきましょう。