中学受験国語の暗記

中学受験の国語問題で、暗記対策ができる分野は少ないと思ってください。もちろん、暗記すべきことが少ないという意味ではありません。試験問題の配点で、暗記で解答できる割合が少ないということです。暗記でカバーできる分野とは、漢字をはじめ、文法の類です。逆に、暗記ではまるっきり対応できないのが読解問題です。

読解問題は、配点もボリュームも大きいのが特徴です。にもかかわらず、練習問題を暗記するほど繰り返す意味があまりありません。だからといって練習問題を解かないのでは力がつきませんが、練習問題に取り組むときには効率よく勉強しなければなりません。何を重視すべきかといえば、答えが何故そうなるのかです。数学で例えれば、解法の仕組みを考える必要が国語では顕著なのです。

国語を苦手としない人でも、何故この答えが出るのかと考え始めると、考えるのが嫌になってしまうかもしれません。それは、国語の長文問題に正解はないと思っているためではないでしょうか。確かに正解は一つとは限りませんが、模範解答は一つです。そして、解答は文章中に隠されているのが読解問題の特徴です。そのコツさえ覚えておけば、文章の中に答えらしきものを見つけたときに迷うことがなくなるでしょう。