中学受験国語の穴埋め

国語では、穴埋め問題がよく出題されます。穴埋め問題は、意外に何問も解いているとパターンで解答を覚えてしまうものです。ところが実際の入試問題では応用が利かない場合があり、あんなに勉強したのにと悔しい思いをしやすい分野でもあります。そこで、受験までに余裕がある場合は、自分で穴埋め問題を作ってみることをおすすめします。常に作業する必要はありませんが、自分で穴埋め問題を作ってみると、出題者が意図しやすいことが見えてきます。すると、穴埋め問題で求められている答えがどこにあるのか、文章中から探しやすくなるわけです。

自分で穴埋め問題を作って出題の意図を汲み取る方法は、読解問題に活用するのがいいでしょう。暗記で解答できるような問題で穴埋め問題を作るのは、手間だけかかって時間の無駄になる可能性があります。暗記問題は効率よくこなすために、市販の問題集を使うのがおすすめです。ただ、読解問題よりスイスイ解けるからといって、穴埋め問題だけに集中して勉強時間を割くのは要注意です。勉強する分野はバランスが第一で、確実に漢字などの文法問題で得点したいからといって時間をかけ過ぎるのはリスクが高いのです。無理のない程度に、毎日少しずつ練習すれば、暗記問題ではしっかり点が取れるようになります。